TOP フランス 2020年 種を蒔く人 10ユーロ銀貨 プルーフ
販売終了

商品番号:CF1S00256

フランス 2020年 種を蒔く人 10ユーロ銀貨 プルーフ

在庫:あり

販売価格 ¥9,500 / 税込

コインクラブ会員価格コインクラブ会員価格 9000 / 税込

2030/12/31
販売終了しました

お気に入りに登録しました。

閉じる

お気に入りから削除しました。

閉じる

  • ※この商品についてのお問い合わせはこちら
  • ※商品画像はイメージです。現物と異なる場合がございます。

1960年~2001年まで鋳造された「新フラン」をデザイン


フランス国立造幣局は2014年に創立1150周年を迎えたことを記念して、同年から「種を蒔く人」シリーズで、フランス史上重要なコインを取り上げてきました。本テーマも7年目を迎え、ついに一区切りとなります。今回取り上げられたコインは、第五共和政初期の1960年に、ド・ゴール将軍が発布した条例に従って導入され、2001年まで鋳造された「新フラン」です。

「旧」100フランに相当する新フランは、進行するフラン切り下げに終止符を打ち、国の経済再編を目指して導入されました。これにより、フランスでの通貨の兌換性が促進され、フランスは主要な欧州コミュニティの建設プロジェクトに本格的に着手できるようになりました。新フランには、安定した通貨の再来を期して1914年まで使用されていた「種を蒔く人」が彫刻され、1、2および5サンチーム貨には小麦の穂の装飾、10、20および50サンチーム貨には彫刻家アンリ・ラグリフォウルによる新しい「マリアンヌ」が描かれました。

ご案内するラインナップは、100、50ユーロ金貨、50ユーロ銀貨の3種類。これまで同テーマにおける各コインは、表面と裏面がそれぞれ共通デザインでしたが、今回の裏面デザインは、全種共通で第五共和政の金融改革の象徴として初代大統領ド・ゴール将軍の横顔が左側に描かれ、金貨2種共通でフランス貨幣のシンボルであるオリーブを中央に配した以外は、デザインが異なります。

<10ユーロ銀貨デザイン>
裏面右側には、導入時の10、20および50サンチーム貨の表面と裏面の図柄が描かれています。左側は、100ユーロ金貨と同じデザインです。

発行年 2020年
重量 22.2
直径 37
品位 0.9
材質
状態 プルーフ
発行数 3000枚

最近チェックした商品 VIEWED ITEMS

COIN CLUB MEMBERS コインクラブ会員について

コインクラブは、コインファンに喜んでいただくための会員制有料クラブです

  • 本のアイコン

    コイン専門誌
    「泰星マンスリー」
    を毎月お届け

  • 会員価格でお得!

    コインクラブ会員
    特別価格でのご提供

  • メールのアイコン

    新発行貨の先行予約
    など優先してお知らせ

  • コイン・グレーディングのアイコン

    コイン・グレーディングサービスへのご案内