TOP フランス 2019年 ユネスコ世界遺産 ベレンの塔 × ヴァスコ・ダ・ガマ 10ユーロ銀貨 プルーフ
販売終了

商品番号:CF1S90068

フランス 2019年 ユネスコ世界遺産 ベレンの塔 × ヴァスコ・ダ・ガマ 10ユーロ銀貨 プルーフ

在庫:あり

販売価格 ¥10,500 / 税込

コインクラブ会員価格コインクラブ会員価格 10000 / 税込

2030/12/31
販売終了しました

お気に入りに登録しました。

閉じる

お気に入りから削除しました。

閉じる

  • ※この商品についてのお問い合わせはこちら
  • ※商品画像はイメージです。現物と異なる場合がございます。

世界遺産をめぐる世界一周の旅


フランス国立造幣局は2007年以来、「ユネスコ世界遺産」シリーズとして、世界の素晴らしい場所を称えるコインを毎年発行しています。2014年から2018年までの5年間は、フランスのセーヌ河岸に並ぶ建築群を取り上げてきました。そして2019年からは、改めて世界一周の旅へと出発し、各地の世界遺産を描いていきます。今回は、表面がベレンの塔、裏面がヴァスコ・ダ・ガマを記念するデザインです。

表面デザイン:ベレンの塔完成500周年
コイン表面は、テージョ川のジェロニモス修道院側から見たベレンの塔が描かれ、小塔や交差した肋材など、塔の重要な構成要素が強調されています。右上の銘「500 ans Tour de Belem」は、ベレンの塔が2019年に完成から500周年を迎えることを表しています。下方には、塔が建てられた時代のコイン「O Portugues」が塔の手すり部分に描かれています。

裏面デザイン:ヴァスコ・ダ・ガマ生誕550 周年
裏面には、大航海時代の重要な人物ヴァスコ・ダ・ガマの肖像が描かれました。彼が乗ったカラベル船や羅針盤など、航海を象徴するものも見えます。2019年は彼の生誕550周年にあたることから、右上に「550 ansVasco de Gama(ヴァスコ・ダ・ガマ生誕550年)」が、香辛料をあしらった装飾帯やアーミラリ天球儀とともに刻印されています。

■ベレンの塔
ベレンの塔は、ポルトガル国王マヌエル1世の支援を受け、1514年から1519年にかけてテージョ川沿いに建設されました。リスボンへの玄関口としての役割だけではなく、ジェロニモス修道院と河口を防御する目的でした。この塔はマヌエル様式の代表的芸術作品の一つで、マヌエル1世を表すアーミラリ天球儀、キリスト騎士団の十字、交差する肋材などのパターンを見ることができます。1983年にユネスコの世界遺産に登録されました。

■ヴァスコ・ダ・ガマ
1490年代、ポルトガル国王ジョアン2世は、香辛料、宝石、織物の産地だった東インドとインドを航路で結ぼうと考え、1497年に資金を出して第1回航海を組織しました。1469年生まれのポルトガルの航海者ヴァスコ・ダ・ガマは、サン・ラファエル号で参加し、1498年に喜望峰を回ってインドに到着。彼はインドに到達した最初のヨーロッパの探検家と考えられています。ガマは3回目の航海の途中で亡くなりました。

発行額面発行年重量直径品位材質状態発行枚数
フランス10ユーロ2019年22.2g37mm.900プルーフ3000枚

最近チェックした商品 VIEWED ITEMS

COIN CLUB MEMBERS コインクラブ会員について

コインクラブは、コインファンに喜んでいただくための会員制有料クラブです

  • 本のアイコン

    コイン専門誌
    「泰星マンスリー」
    を毎月お届け

  • 会員価格でお得!

    コインクラブ会員
    特別価格でのご提供

  • メールのアイコン

    新発行貨の先行予約
    など優先してお知らせ

  • コイン・グレーディングのアイコン

    コイン・グレーディングサービスへのご案内