TOP 日本銭 地方自治法施行60周年記念1000円カラー銀貨 日本 2012年 地方自治法施行60周年記念貨幣 第24回 「大分県」 単体セット・記念切手入り特製ケース収納1000円カラー銀貨 プルーフ
販売終了 ★数量限定★ 切手付

商品番号:CJ1S20186

日本 2012年 地方自治法施行60周年記念貨幣 第24回 「大分県」 単体セット・記念切手入り特製ケース収納1000円カラー銀貨 プルーフ

在庫:あり

販売価格 ¥8,500 / 税込

コインクラブ会員価格コインクラブ会員価格 8500 / 税込

2030/12/31
販売終了しました

お気に入りに登録しました。

閉じる

お気に入りから削除しました。

閉じる

  • ※この商品についてのお問い合わせはこちら
  • ※商品画像はイメージです。現物と異なる場合がございます。

八幡社の総本宮と昭和の大横綱

地方自治法施行60周年を記念して、平成20年度から10年にわたって、47都道府県ごとの図柄で記念貨幣を順次発行している「地方自治法施行60周年記念貨幣」。今回24枚目となる1000円プレミアム型銀貨は、大分県の図柄で発行されます。大分県を象徴する図柄としてコインにデザインされたのは、宇佐神宮の南中楼門と大分県出身の横綱・双葉山です。大分県宇佐市に位置する宇佐神宮は、全国4万余りあるとされる八幡社の総本宮です。御祭神である八幡大神様は、応神天皇のご神霊で、571年に初めてこの地にご示顕になったといわれます。725年に本殿の一之御殿が現在の地に創建されました。現在の本殿は江戸時代末期に建築されたもので、昭和27年に国宝に指定され、昨年平成24年に60周年を迎えました。双葉山(1912?1968)は、大分県宇佐市出身の大相撲第35代横綱です。本名は龝吉 定次(あきよし さだじ)。1927年に立浪部屋に入門し、1931年に19歳3ヶ月で十両に昇進。昭和11年から昭和14年(1936?1939)にかけて達成した69連勝は、70年以上経った現在においても最多記録となっています。昭和21年に34歳で断髪し、年寄時津風を襲名。その後も財団法人日本相撲協会理事長を務めるなど、角界の発展に貢献した偉大な人物です。

発行額面発行年重量直径品位材質状態発行枚数
日本1000円2012年31.1g40mm.999プルーフ100000枚

最近チェックした商品 VIEWED ITEMS

COIN CLUB MEMBERS コインクラブ会員について

コインクラブは、コインファンに喜んでいただくための会員制有料クラブです

  • 本のアイコン

    コイン専門誌
    「泰星マンスリー」
    を毎月お届け

  • 会員価格でお得!

    コインクラブ会員
    特別価格でのご提供

  • メールのアイコン

    新発行貨の先行予約
    など優先してお知らせ

  • コイン・グレーディングのアイコン

    コイン・グレーディングサービスへのご案内