TOP 日本銭 日本 2014年 地方自治法施行60周年記念貨幣 第34回 「山形県」 単体セット・プラスチックケース収納 1000円カラー銀貨 プルーフ
販売終了 ★数量限定★

商品番号:CJ1S40222

日本 2014年 地方自治法施行60周年記念貨幣 第34回 「山形県」 単体セット・プラスチックケース収納 1000円カラー銀貨 プルーフ

在庫:あり

販売価格 ¥7,000 / 税込

コインクラブ会員価格コインクラブ会員価格 7000 / 税込

2030/12/31
販売終了しました

お気に入りに登録しました。

閉じる

お気に入りから削除しました。

閉じる

  • ※この商品についてのお問い合わせはこちら
  • ※商品画像はイメージです。現物と異なる場合がございます。

山形が誇る自然と果実が美しく調和したデザイン

地方自治法施行60周年を記念して、47都道府県ごとの図柄で記念貨幣を順次発行している「地方自治法施行60周年記念貨幣」。今回34枚目となる1000円プレミアム型銀貨は、山形県の図柄で発行されます。コインには、山形県を象徴する図柄として、最上川とさくらんぼがデザインされています。最上川は全長229キロの一級河川で、一つの都府県のみを流域とする河川としては国内最長です。流域面積は7040平方キロメートルで、山形県の面積の約75%にあたります。江戸時代には、河口にある酒田湊で日本海海運と結びつき、内陸部の主要産品の米や紅花等を京都や大阪へもたらすなど、古くから県民の生活・文化を支えてきました。また、日本三大急流の一つで、松尾芭蕉の俳句「五月雨を あつめて早し 最上川」でも有名です。さくらんぼは、バラ科サクラ属の果樹であるミザクラの果実です。現在、山形県が全国生産量の約7割(約13200トン:平成24年農林水産省統計)を占めています。国内で最も多く生産されている「佐藤錦」は、山形県で交配育成された品種で、1912年から16年かけ、ヨーロッパの品種「ナポレオン」と味は良いが日持ちが悪い「黄玉」を交配してつくられました。名前は交配育成した佐藤栄助氏に因んで命名されました。さくらんぼの木は、山形県の「県の木」にも選定されています。

発行額面発行年重量直径品位材質状態発行枚数
日本1000円2014年31.1g40mm.999プルーフ100000枚

この商品に興味がある方には
以下もおすすめです
RECOMMENDED ITEM

最近チェックした商品 VIEWED ITEMS

COIN CLUB MEMBERS コインクラブ会員について

コインクラブは、コインファンに喜んでいただくための会員制有料クラブです

  • 本のアイコン

    コイン専門誌
    「泰星マンスリー」
    を毎月お届け

  • 会員価格でお得!

    コインクラブ会員
    特別価格でのご提供

  • メールのアイコン

    新発行貨の先行予約
    など優先してお知らせ

  • コイン・グレーディングのアイコン

    コイン・グレーディングサービスへのご案内